どの年代

安納芋を使用した料理で一番美味しいのは?

秋になると、多くの旬の野菜が店頭に並びます。
実りの秋ということと、冬に向けて作物を保存するために、保存期間が長い食材がとても多く栽培されています。
中でもジャガイモ、サツマイモなどのイモ類は、長期期間保存がきくため、多くの農家で栽培されています。

中でも、秋から冬にかけて楽しまれる味覚の一つとして、サツマイモはとても人気です。
小さな子供から高齢者まで、多くの世代で喜んで食べられています。
今では、いろんな品種のサツマイモが栽培されています。
ここ最近注目されている品種の一つとして、安納芋があります。

安納芋がここまで注目を浴びるようになったのは、一番に普通のサツマイモと違った食感と甘味です。
ほくほくとしてパサつきが多いサツマイモに比べて、安納芋はしっとりとした食感ととても強い甘みが特徴的です。

そんな特徴を生かした一番の調理法は、何でしょうか?

サツマイモは甘みがあるため、おかずのメニューよりもお菓子などに使用することが多いです。
しかし、そんなお菓子よりも一番おいしく安納芋をいただくには、石焼き芋にするのが一番です。

石焼きの場合、75℃以内の低温で長期間温められて加熱されます。
この温度が、一番安納芋の甘味を引き出してくれるといわれています。

ふかしイモを作るためには、いろんな方法があります。
一番の方法は石焼き、その次がふかし芋、最後に茹で芋の順番で、甘味が増していく調理方法になっています。
電子レンジで加熱すると、水分が蒸発してしまい、安納芋らしいしっとりとした食感が無くなってしまうので避けましょう。

石焼きの場合は、石焼き専用の小石を使用して作るようにしましょう。
ふかし芋の場合は、蒸し器、フライパン、オーブンなどの方法があります。
この場合は、どれでも低温で長期間かけてゆっくりと加熱することがポイントです。
時間をかけてゆっくり加熱することで、どんどん甘みを引き出してくれます。

茹でる場合は、塩一つまみ入れて安納芋を入れます。
沸騰したら弱火にかえ、火が通るまで茹でましょう。
最後に水分を飛ばすために、オーブンなどで少し焼くとおいしく食べられます。

やはり焼き芋は、安納芋そのものの味を一番感じることができます。
食感なども調理してしまうと分かりにくくなってしまうため、まずは石焼き芋で食べるのがお勧めです。

それ以外のレシピとしては、芋おこわです。
炊き込みご飯の具材として安納芋を添えることで、秋ならではの甘みのあるご飯を頂くことができます。
また、具だくさんの豚汁に入れるのも、甘味がアクセントになっておいしく味わえます。
洋風でおいしくいただくのであれば、シチューなどにもお勧めです。
寒くなったころのメニューとして愛されているシチューに、コクや甘味を足してくれます。

石焼きでたくさん召し上がってから、違った味わい方をしたい人に試してもらいたいレシピです。

このページの先頭へ