どの年代

安納芋は体にいいの?

秋の味覚の一つとして、サツマイモは旬の野菜の一つです。
収穫を祝って、学校などを中心に焼き芋会などを行っている地域が多いです。
また、焼き芋屋さんがトラックなどで販売していると、冬になったんだと実感する人もいるでしょう。

そんなサツマイモの中で、今注目されている品種のお芋があります。
それが鹿児島県の種子島でしか生産されない、安納芋です。
この安納芋は、登録品種苗として認められています。
そのため、種子島でしか生産することができない、とても貴重なサツマイモの一つです。

そんな安納芋の特徴は、なんといっても普通のサツマイモの二倍近くあるといわれている糖度です。
そして、ねっとりとした食感が他の芋とは違う独特な芋だといえます。

この安納芋が人気の理由として、多くの栄養分が含まれているということです。

安納芋には、とても体にいい栄養素がたくさん含まれています。
たとえば、安納芋を含む芋の特徴の一つとして、食物繊維が多いということです。
食物繊維は、腸の働きを活発にしてくれます。
そのため、便通などにも効果的で、女性からの支持がとても高い食べ物となっています。

そのほかにも、体にとって必要不可欠なミネラル成分も多く含まれています。
リンや鉄分、カルシウム、ナトリウムといった成分も含まれているのも特徴です。

しかしながら、とても高い糖分のため、食べ過ぎてしまうと肥満になってしまうのではと思う人もいるでしょう。
とくに安納芋は、他の芋に比べて甘味が二倍近くで、40糖度以上あるものがあります。
果物では、リンゴなどが糖度16糖度ぐらいなので、それに比べたらとても甘いということが分かります。

これだけ甘いとカロリーが高く、栄養価が高くても太ってしまったり、脂肪になってしまったりするのではと思う人もいるでしょう。
ところが、嬉しい事に、この安納芋はとても低カロリーの食物です。
ですから、同じ量のデザートを食べるのであれば、カロリーも低く栄養価もあるのでお勧めです。

種子島でしか生産されていないため、生産数に限りがあります。
あまり市場に出ることなく、ネットなども予約などしている場合が多いです。

このページの先頭へ