どの年代

安納芋はどの年代に一番食べられていますか?

昔の日本では、農業が盛んに行われていました。
今は自給率も下がってしまい、輸入品などに頼ってしまっているのが現状です。
昔は、旬の野菜をその時に食べるのが当たり前に行われていました。
しかし、今ではハウス栽培なども行われるようになり、年中いろんな野菜を食べられるようになっています。

そんな時代にもかかわらず、一部の野菜に関しては、旬の野菜として販売されています。
とくに秋は、収穫が豊富な時期とされています。
なぜなら、収穫があまりない冬に向けて、保存食となるものなどを秋に蓄えるためです。

そこで、秋の収穫で冬に向け好んで食べられる食べ物の一つに、サツマイモがあります。
サツマイモは、焼き芋などにして食べると芋独特の甘みを感じることができ、つい小腹がすいたときなどに食べたくなるものです。

そんなサツマイモの中でも、最近注目を浴びているのが安納芋です。
甘味とほくほくでバサっとした食感が、普通のサツマイモです。
しかし、安納芋は、しっとりとして滑らかな食感なので、いままでにない感覚で食べることができます。
さらに甘味もより含まれているため、安納芋そのものの甘みを感じで食べるのがお勧めです。

そして安納芋は、今、種子島でしか栽培することができません
それは登録品種苗として、法律で保護されている品種だからです。

そんな安納芋は、どのような年代の人に愛されて食べられているのでしょうか。
安納芋を購入する人は、年代層も広く、多くの人に愛されているため、どの年代というのは具体的にハッキリしていません。
しかし、需要が多いのは、年配の人と子供たちで、よく召し上がっているようです。

安納芋を栽培している、種子島の土壌はとても豊かです。
そのため、化学肥料などを使用せず、自然の肥料を使用して栽培されています。
ですから、小さなお子さんに安心して食べさせてあげることができます。

また栽培地も種子島のみなので、どこ産のものを買ったらいいのかと悩む必要がなく購入することができます。
自然の甘みなので、ご飯のおかずだけでなく、おやつとして食べさせてあげるのもお勧めです。

また高齢者にも、とても好んで食べられています。
安納芋は、普通の芋と違い、しっとりしてスプーンなどですくって食べることができるほどです。
高齢者の人には、パサついたものよりも食べやすく、甘みもあるので好まれています。

このページの先頭へ