どの年代

安納芋はどこで一番取れますか?

昔に比べて、今では収穫の時期を問わず、いろんな野菜を食べることができるようになりました。
昔は「旬の野菜を旬の時期に食べる」ということが当たり前でした。
しかし、今ではハウス栽培が可能になり、野菜が育ちやすい環境を作りやすくなっています。
その為、価格の違いはもちろんありますが、年中いろんな野菜を食べることができます。

そんな中でも、時期ものとして作られる野菜も多くあります。
特に、実りの秋とも言われている秋には、多くの野菜が収穫することができます。
中には、秋はおいしいものが揃うため、食欲がわいてきてしまい、太ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

そんな秋においしいものの一つに、サツマイモがあげられます。
秋から冬の時期になると、今でも焼き芋やさんが販売しているのを見かけます。
そして、最近では、焼き芋もいろんなブランドのお芋がたくさん販売されています。

中でも人気が高いのが、安納芋です。
秋から冬の時期にかけて、スーパーなどでも多く販売されています。

そんな安納芋は、どこで収穫されるのが一番多いのでしょうか。

安納芋が一番多く生産されているのは鹿児島県です。
しかも種子島だけしか生産されていません。

それは、安納芋の代表的なものとして、安納紅と安納こがねに関しては登録品種苗として定められています
そのため、種子島のみでしか生産されません。
それが平成25年までの登録となり、それ以降は全国各地でも生産することが可能になります。

種子島の風土が、最も安納芋に適しており、一番おいしいお芋を食べることができます。
平成25年以降になると、違う産地の安納芋も発売されるようになるため、価格競争がない今だからこそ、いい安納芋を食べることができます。

さらに、安納芋が登録品種苗と知られている人も少ないです。
そのため、種子島でしか育ててはいけないということも知られていません。
平成25年度以降、安納芋を購入する際には、産地を確認して購入するようにすると、以前と同様の安納芋を食べることができます。


このページの先頭へ