どの年代

安納芋と相性のいい食材ってどんな物がありますか?

秋になると、様々な秋の味覚を堪能することができます。
日本には四季があり、その時期に合わせて収穫することができる旬の野菜があります。
今は、ハウスなどで年中いろんな野菜が食べられるようになりました。

しかし、そんな時代の中でも、まだまだ旬を感じられる食材はたくさんあります。

秋の旬というと、さんま、マツタケ、かき、サツマイモなどがあります。
中でもサツマイモは、寒い日に温まりながら食べたくなる、そんな食べ物の一つです。

最近、サツマイモには多くの品種があります。
中でも、安納芋を初めて食べた人は、今までのサツマイモにはない味覚に驚く人が多いです。
しっとりとした滑らかな食感と通常のサツマイモの何倍もの甘さに、一度食べたらとりこになる人が多いようです。

そんな安納芋は、どのような食事と一緒に調理すると相性がいいのでしょうか。
安納芋を一番おいしく召し上がる方法としては、やはり石焼き芋です
サツマイモだけの味を十分感じられるからです。

そんなサツマイモの甘味を十分に引き出す食材として、少し酸味を感じるものと一緒に調理するのがおすすめです。
なかでも、デザートなどに使用されることがとても多いです。

例えば、安納芋を使用したチーズケーキなどもお勧めです。
クリームチーズには、チーズならではの独特の酸味があります。
その酸味を、安納芋の甘みが吸収してくれます。

また、もう一つデザートとして、リンゴの酸味とも相性がいいです。
秋になると良くお店に並ぶアップルパイに、安納芋の甘みを混ぜて作られてもとてもおいしいです。

アップルパイというと、カスタードクリームなどと一緒に包まれているイメージがあります。
そのカスタードの代わりに、安納芋のペーストを使用することで、和風なアップルパイに変身します。
さらに天然の甘みでカロリーも低く、リンゴン酸味と安納芋の甘みがとてもマッチします。

それから、もう一つの組み合わせとしては、ヨーグルトの酸味との組み合わせです。
ヨーグルトも、低脂肪のものやプレーンのものは食べるのが苦手という人も多いでしょう。
そこに安納芋の甘みを加えることで、砂糖やジャムなどを使用しなくても、十分甘みを感じることができます。
ペースト状でもデザートのように味わえますし、角切りの安納芋にヨーグルトソースを加え、サラダ風に食べることもできます。

安納芋独特の甘みを感じつつ、サッパリいただくには、酸味のある食材を組み合わせるのがお勧めです。

このページの先頭へ