どの年代

安納芋が一番美味しいとされている時期は?

旬の野菜を旬の時期に食べるのが、昔の日本では当たり前でした。
そのため、農業も盛んに行われてきました。
今ではハウス栽培が可能になり、多くの食材が好きな時期に食べられるようになりました。
それによって、旬が感じられる食材がとても少なくなってしまいました。

今の子供世代では、旬の野菜を感じながら食べることが、とても少なくなってしまっているのではないでしょうか。
日本の四季の中でも、昔から「秋は実りの時期」とされています。
豊作を願い、毎年秋には全国各地でお祭りがおこなわれます。

そんな秋の味覚として、今注目されているのが安納芋です。

なんとなく聞いたことがあるという人も多いかと思います。
登録品種苗に定められているため、25年までは種子島でしか生産することができません。
ですから、限られた生産数しか収穫することができず、貴重な秋の味覚の一つです。

そんな安納芋が一番おいしく食べられる時期は、10月ごろからになります。
なぜなら、安納芋などのサツマイモは、寒さに弱いという欠点があるからです。
10℃以下になると寒害を受けてしまい、商品が劣化してしまいます。

寒い時期にもかかわらず、腐りやすくなってしまうため、寒さを感じる前の10月に収穫しなくてはいけません。
ただし種子島は、本島に比べて気温が暖かかく、12月ごろまで平均気温が12℃を保っています。
そのため、より土の中で多くの栄養素を吸収することができるので、より甘みを増した安納芋が栽培することができます。

また収穫してからすぐに食べるのではなく、少し置いておくとより成熟度が上がってくるのも特徴の一つです。
生産数が少なく、すぐに売り切れてしまうため、10月に購入しておき11月から12月にかけて食するのがお勧めです。

ただし安納芋は寒さに弱いため、冷蔵庫で保存してはいけません。
一つ一つ新聞紙で覆い、13℃から15℃ぐらいのところに保管しておくのが最適です。
20℃以上の暖かい場所に置いておくと、芽が生えてきてしまいます。
保管に注意しながらおいしく味わいましょう。

このページの先頭へ